蛇口の進化に対応した水道工事店を選択する重要性

水道管の先端に取り付けられ、家庭内で毎日使われているのが蛇口です。水を出したり止めたりする単純な装置に見えますが、蛇口が破損すると、室内に水があふれたりして大変なことになります。蛇口が故障した時の対応は、自分で破損した個所を修理するか、自力で丸ごと蛇口 交換するか、専門業者に依頼するかという選択になります。自力でやれれば出費は少なくて済みますが、再度トラブルが起きる懸念は払しょくできません。安心して水を使える生活を維持したいのであれば水道工事の専門業者に依頼するのが賢い選択です。

■便利で衛生的な最近の進化系蛇口

1887年に初めて日本に設置された水道の共用栓の頭部は獅子の頭部がデザインされていましたが、その後日本製の共用栓は龍に代わりました。これを蛇体鉄柱式共用栓と呼んだことから、水道の先端を蛇口と呼ぶようになりました。蛇口の水栓部分は左右に捻る十字型が大半でしたが、現代ではデザインも機能も進化しています。日本の水道水は衛生的には問題ないのですが、地域によって臭みを感じるケースもあります。この問題を解決したのが臭みを取る浄水装置で、最近では初めから浄水機能が備わったタイプがあります。
蛇口を引っ張ればホースのように伸びてシンク内を綺麗に掃除できるタイプや、蛇口近くに手をかざすだけで自動的に水が出て、雑菌が蛇口周辺に付着しないようなハイテク蛇口もあります。老朽化した蛇口 交換に踏み切るのであれば、水道工事店に依頼して最新型に交換するのも一つの考え方です。それぞれの価値観やライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

■自力での蛇口交換はリスクも存在

蛇口を交換するきっかけは、多くの場合蛇口の故障や破損で水漏れが止まらないといったトラブル時です。取り付け部分のパッキンが破損している程度であれば素人でもある程度対処できます。しかし蛇口本体が壊れているのであれば、水道工事専門業者に蛇口 交換工事を依頼するほうが安心できます。取り付けを完璧にやらないと水漏れが再発するリスクがあるからです。
また自力でやる場合に犯しがちなミスが取り付け不能な製品を購入してしまう事です。蛇口には取り付け穴が1個のタイプと2個のタイプがありますし、単水栓タイプと混合栓タイプがあります。取り付けが不可能なタイプを購入してしまうと無駄な出費になります。作業には専門工具が必要になりますし、仕様書を理解できる能力も必要です。こうした点を考慮すると、確実に間違いない製品を取り付けてくれる自治体指定の工事店に依頼するほうが合理的です。

■まとめ
一見すると簡単な構造に見える蛇口ですが、最近のタイプは内部構造が複雑化しているので、素人が分解して修理するのは大変です。丸ごと取り替える方が時間的ロスも少ないですが、素人の日曜大工レベルでの取り付け作業では漏水が起きる懸念があります。水漏れ被害が甚大になってからでは手遅れになりますから、日ごろから自宅近くにある自治体指定の水道工事店と親しくしておくと、いざという時強い味方になってくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ