給湯器の修理には水道工事店の情報も必要

給湯器も機械設備である以上寿命があります。常識的な年数が経過した時点で給湯器に異常が発生した場合、修理で対応できるものなのか、交換する時期が来てしまったのかという判断は素人では難しいし、中途半端な修理を繰り返していると結局高いものについてしまうこともあります。しかし修理で対応できるのであれば、新品に交換するよりは出費は少なくて済むのが普通ですから、給湯器メーカーの担当部署に診断してもらうことが大切です。その際、給湯器は水周りが深く関係している設備なので、あらかじめチェックしておいた自治体指定の水道工事店に連絡すると万全です。

■知っておきたい交換時期を示すサイン

給湯器は高価な設備ですから交換ではなく修理して出費を抑えることができれば家計は助かります。どういう状態になったら交換すべきなのかという知識を持っておけば、交換ではなく給湯器 修理という選択をしやすくなります。
交換時期が迫っているサインはいくつかあります。第1にお湯を出す時の着火音が異常に大きくなった時です。第2に給湯器自体から異音が頻繁にするようになった時です。第3に給湯器の排気口から煙が確認できた時です。第4に温度設定が安定せず上下するようになった時です。第5に給湯の勢いや量が明らかに低減した時です。第6に浴室の温度コントロール板やリモコンにエラー表示が頻出するようになった時です。
こういう現象が頻繁に起きている場合は交換が必要な可能性が高いですが、それ以外のトラブルであれば修理で対応できることがあります。水道工事業者やメーカーの担当に正確な診断をしてもらい、適切な修理を依頼することが賢明な選択です。

■あらかじめ水道工事店の連絡先をチェック

テレビや携帯電話などに一応の寿命があるように、給湯器にもいわゆる耐用年数に相当する数値があります。給湯器メーカーは常識的な使用状況で問題なく給湯器を使える設計標準使用期間というものを明示しています。一概には言えませんが一般的な家庭用であれば10年間を標準使用期間としているメーカーが多いです。この情報は重要で、トラブルが発生した時に給湯器 修理を選択するか、新品に交換するかの判断の根拠になります。
新品で購入した給湯器が1年や2年でトラブルを起こした場合、寿命が来たと考えるのは合理的ではありません。常識的には初期不良というケースや、設置時の工事ミスなどが考えられます。保証期間のチェックも大切で、場合によっては無償修理の可能性もあります。いずれにしても、修理するのであれば給湯器メーカーの修理部門への連絡は当然ですが、水周りに関しては水道工事の専門業者に依頼する方が安心できますので、自宅から近い自治体指定店の電話番号やメールアドレスを控えておいた方が得策です。

■まとめ
毎日温かいお湯を簡単に利用できるのは給湯器のおかげですが、それだけに故障してしまうと日常生活に支障をきたします。少しでも早く事態を解決するには、いくつかの予備知識が重要になります。給湯器の設計標準使用期間を把握しておくことや、交換時期が迫っていることを知らせるいくつかの異常なサインに気づくことが大切ですし、いざという時に連絡が取れるようにメーカーの連絡先や、優秀な水道工事店を知っておくことです。給湯器は安い買い物ではありませんから修理で済むものであれば修理で対応するのが当然ですが、トラブルが悪化すると命にかかわることもあるので、利用する側もできるだけ知識を身に着けておくことが肝要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ