水トラブルは水道局指定工事店に依頼するのが賢明

水トラブルは水道局指定工事店に依頼するのが賢明 家庭内の隅々に張り巡らされている水道管や関連部品、設備は、丈夫に作られてはいますが、いずれは寿命が来ますし、突然漏水したりお湯が出なくなるといったトラブルに見舞われる可能性は常にあります。水道 工事が必要になった場合、給湯器系統のトラブルと蛇口のトラブルは、素人の日曜大工で済ませず、メーカーや専門業者に給湯器 修理を任せる選択が賢明です。給湯器の故障は命にかかわる事態を招きかねないことが理由です。蛇口は完璧な取り付け作業をしなければ突然水が溢れだして部屋中が水浸しになるといったことが想定されるからです。交換が必要かどうかの判断と、修理するのであればどこに依頼するのが確実であるかという情報収集が、お湯と水をいつでも快適に使える生活に直結します。

■専門業者の技術が重要な給湯器の水漏れトラブル

給湯器も機械ですから寿命が来たら交換する必要がありますし、故障することもあります。全く作動しないケースではメーカーに連絡するのが一般的ですが、給湯器から水漏れが発生した場合は、メーカーだけでなく自治体指定の水道工事店にもコンタクトを取ることが重要です。
給湯器の修理はメーカーの担当ですが、水道 工事が必要な水周りエリアは専門業者のほうが知識も技術力もあるからです。関係業者への連絡以外にユーザーがとるべき行動は基本的に二つです。第一に異常が発生したらスイッチを切り動作を停止することです。再起動など余計なことをすれば、事態を悪化させかねないからです。第二にメーカーから渡されている給湯器トラブル時のマニュアルに沿って、水漏れに関するチェック事項を確認することです。これだけで業者の修理作業がはかどるからです。

■給湯器の故障時に確認すべき設計標準使用期間
給湯器の修理は水道 工事の範疇に入りますので、メーカーの担当者も当然対応できますが、自治体指定の優良な水道工事店でも修理可能なケースもあります。もし交換が必要であれば、その理由を説明してくれます。
一般的に給湯器の寿命は、メーカーが定めている設計標準使用期間に準拠していると考えるのが妥当で、その期間は新品購入時から10年が目安です。わずか数年で交換時期が来ることは考えにくいですから、設置工事ミスの可能性も含めて総合的な調査と修理が必要になります。これは素人がやれるレベルではありませんので、費用はかかってもメーカー担当者や専門業者に任せる方が安心を得られます。給湯器は結構高価な設備ですので、購入時点から買い替え費用を積み立てておくのも一つのアイデアです。

■蛇口の交換も専門業者に依頼するのが安全

昔の蛇口は構造が単純でしたが、最近の蛇口は高機能化しています。手をかざしただけで自動的に水が出たり、蛇口を引くとホースのように伸びて自在に使えるタイプもあります。カルキ臭などを消す浄水装置を備えているタイプもあります。
利便性が高まった分、蛇口の構造も複雑化しているので、故障して水漏れが発生すると素人では対応できないケースも増えています。自力で修理できることもありますが、失敗すると漏水が再発する懸念があります。出費は発生しますが安心して水が使えるような環境を維持するには正確な水道 工事が求められます。
地方自治体水道局が指定した専門業者であれば確実に蛇口交換工事をやってくれます。蛇口の漏水トラブルは一刻も早く完璧に直さないと生活に支障が出ますので、近隣住民と日ごろから優良な修理業者をピックアップしておくことも必要です。

■まとめ
水道は日常生活に不可欠のライフラインです。飲み水としてはもちろん、キッチン、トイレ、お風呂、洗濯など、水がない生活はありえません。導水管本体はもちろん、導水管に接続されている多くの機器が私たちの快適生活を支えています。給湯器や蛇口などは普段あまり意識することはありませんが、故障したり寿命がきたら、途端に不便さを痛感します。一刻も早く確実に修理や交換作業といった水道 工事をしてもらうには、業者に関する日ごろの情報収集が大切です。業者もさまざまですから、地方自治体の指定店の中からあらかじめ依頼する店を決めておき、いざという時にすぐに連絡できるようにしておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース